This Category : ハオルチア

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.08.18 *Wed

鬼武者。

ハオルチア 鬼武者 最高傑作の交配種(JTC苗)
  DSCN2767.jpg

品種名のすんばらしい説明は、札記載の通りです(^^;
某新春福袋に入ってたやつ。
あんまり大きくなったって気がしてなかったんですが、

  IMG_1934.jpg

入手直後のこの画像を見たら、しっかり大きく立派になったことを実感。
生長が遅い予感がしてたんだけど、そんなこともなかったようで~ヨカッタ♪

葉数自体はさほど増えてないみたいだけど、葉幅が広くなって、ヒョロヒョロと立ち上がってた葉っぱが横に広がったので径が出た・・・って、昨日のブラックレディと同じパターンではないかw
今現在は灼熱地獄だけどそれは仕方ないとして、引っ越してからの環境が合ってるのかも。

  DSCN2768.jpg

今年は苗にダメージを与えないよう遮光率高めで栽培してるんですけど、この子もやっぱり木漏れ日程度の日が当たる場所在住。
それでもじわーっと長時間日に当たっているので、何となく色は付いてて黒紫。
画像だと緑々して見えるけど、実物はもっといい色してます♪


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

なんだか雲行きが怪しくなってきたみたい~!夕立が来るかも。
昨日も突然ザーッと30分ぐらい降ったし、ここのところ結構夕立多いな。
これだけ高温多湿だと、積乱雲も発生するってもんですねw
熱くなった路面が雨で冷やされて気化熱~一時的だけど、涼しくはなるか(^^;
花壇に水も播かなくてよくなるから、夕立は歓迎♪


2010.08.17 *Tue

ブラックフォーム。

ハオルチア ブラックフォーム
  DSCN2759.jpg

別名:ブラックレディ。なんとなく性差別のような印象を受けるので、この名前キライw
「ブラック」と名の付くハオですが、実際は焼きチョコのようなコゲ茶色。

  IMG_2932.jpg


前回登場したのは2年半ほど前だったみたいで、その時はこんなでした。
外葉が更新されたりで、葉数そのものはほとんど変わりない感じなんですが、生長して葉幅が広くなったので、径は出ました。

  DSCN2762.jpg

微妙に斑入り。
オレンジ斑になってますけど、ホントはクリーム斑。
ニク棚最上段なので、焼けてこんな色に(^^;

以前はもっとしっかり斑の入った葉があったんですが、更新されてなくなっちゃったみたいですw
この種の斑は安定しないそうなので、いずれこの微妙な斑の方もなくなってしまうと思われます。

  DSCN2764.jpg

窓も微妙に存在していますが、わかりませんねー(^^;
艶出しクロスで磨きあげたら、ベッカベカに光りそうだ


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日気がついたんだけど、ヒントニーが溶けてたorz
カシミヤの方は元気にしてるんだけど、普通のヒントニーがぁ~~~!(TT)
以前女王様のとこだったかな・・・ヒントニーよりもカシミヤの方が丈夫だって書かれてたのがずっと頭の中に残ってて、実は初夏からイヤな予感がw
やっぱりそうなったかな気持ちです(涙)

昨年は元気に夏を越してくれたグリーノビアも、今年はヤバそうでw
ドドランさんは親が溶けて子供だけかろうじて残ってて、オーレアさんは外葉から腐って来たので毟って毟って真ん中だけが残ってる、そんな状態。
どちらもニク友からのいただきものなので、風通しの良い日陰で大事に育ててきたんですけど・・・今年の暑さはやっぱり酷過ぎる。
くださったおふた方、ごめんなさい~(TT)


2010.08.16 *Mon

ブラックベルディアナ。

ハオルチア  ボルシー v.ブラックベルディアナ
  DSCN2687.jpg

国内実生選抜苗。
ボルシー系はふわふわとした外見から繊細そうに見えるけど、いたって丈夫。
夏の暑さなんてへっちゃら。
生長も早い種なので、甘やかして育てるとすぐにびろんびろんになってエライことにw
適度にいじめながら育てた方が、結果が良いです。

・・・もうちょっと丸めたいw

  DSCN2693.jpg

ふわふわ♪


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

休み明けなので頭がボヤーっとしてますw
しかも、お盆を過ぎたのに相変わらずの猛暑!
今年も秋は来ないのかな。。。


2010.08.12 *Thu

スプリングボクブラケンシス。

H. springbokvlakensis Springbokvlakte
  DSCN2702.jpg

そういえば、この子もいたっけね~なんて、この前水遣りして回って思い出した(^^;
ラックの下の段に置いてるし、ウッドデッキからは見えない角度なので、ついつい存在を忘れてしまいがちです。
・・・そういう子はこの子に限ったことではないんですが。
きちんとリストを作成していないと、こうなります(苦笑)


H. spring bokvlakensis Clone1(TL) GM166 Springbokvlakte, E. Cape Provine
  IMG_6447.jpg

一目ボレして購入した別株スプリング。
水切れでしわってますが、クッキリと条理の入った窓の透明度はピカイチ♪
日作りするとパープルに染まり、そりゃ見事なスプリング♪♪
しかしながら、

・・・一昨年春に入手して、その年の夏に蒸れて溶けた☆

束の間のふれあいだったわ・・・


  DSCN2703.jpg

その後同じ丸葉のタイプってことでこの子を入手。
でも、どうもやっぱり違う。
窓の透明度低し~

・・・かくして、存在は忘れ去られたのであった

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

台風一過の今日は、朝から晴れ
風はまだやや強く、シートをかけても吹っ飛ぶんじゃないかって思いながらも、炎天下でむき出しのまま放置すると悲惨な結果がミエミエ~なので、洗濯バサミで要所要所をしっかり固定して、寒冷紗と遮光ネットで厳重に保護しました。

出勤日だったのであまり長時間費やすこともできないし、ビニールカバーはまだ取り外したまま。
屋根がない状態だと雨が降った時困るんだけど、今日はなんとかこれで凌いでもらおう!と思ってたら、なんちゃないw
午後はにわか雨が降ったし
短時間だったけど、雨が止んだその後は~お日さまがこんにちわ♪
遮光はしっかりしてきたし風は十分通るので、たぶん大丈夫だとは思うわ。。。
明日はハウスの修理をせねばねw

明日からお盆休みですが、実家が目と鼻の先なので、遠路はるばるの帰省という経験をしたことがありません(^^;
いつもテレビで大行列になっている様子を見て、大変だね~とジミジミ。
帰省or旅行される方は、どうぞお気を付けてお出かけくださいねー!みなさん、よい休日を♪


2010.08.11 *Wed

阿寒湖。

ハオルチア 阿寒湖
  DSCN2708.jpg

生長がとてつもなく遅く、昨年は見事に徒長させてしまいベロンベロンw
あれから約1年、新葉が出てきたので、だいぶ見られるようになったかも。

  IMG_6643.jpg

これは2年前の夏頃の様子。
入手時から葉数増えてんの?といいたくなるような生長の遅さで、径がちっとも大きくならなかった。

  DSCN2710.jpg

ヌメっとした窓が魅力の阿寒湖。
もうちょっと葉数が増えてきれいに広がってくれると、それっぽくなるかも。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

台風が・・・!
当地は北部九州でもそんなに酷い荒れ方の地域ではないんですが、それでも徐々に雨風が強まって来てます。

ビニールハウスのカバーは、昨日のうちに強風でぶっ飛んで1か所ヒモが引きちぎれバッサンバッサン風に煽られていたので撤去。
遮光ネット等々も、吹っ飛ぶ元なので撤去。
現在は雨曝しでビチャビチャとなっていることでしょう。←会社にいるので見えないけどw
こんなことなら、この前の土日に水遣りなんかするんじゃなかった・・・

全国的に大荒れになるらしいですが、皆様どうぞお気を付けて・・・。


2010.08.10 *Tue

ドドソン紫オブツーサ。

ハオルチア ドドソン紫オブツーサ
  DSCN2705.jpg

昨年の秋頃入手したドド紫。
こちらは2号の方で、1号は古株の割にはいつまでたってもちびw

  DSCN1210.jpg

入手直後はこんな感じ。
最初の画像と比べていただくと、中心部分が大きくなった部分だとお分かりいただけるかと。

  DSCN2707.jpg

外葉よりも一段低くなっている生長点付近の新葉。
遮光はしっかりしてあるけれど、風通しが良いので潜り込もうとしているのかも・・・。
5月末から梅雨明けまでは断水してたし。

栽培主が変わると、土や環境の変化などを察知して、葉っぱにチェンジした形跡が残るとか。
苗を見るとそんな過去がわかるって、以前どちらかで拝見させていただいたことがある。
実際私も新しく入手した苗をしばらく育てた後、植え替えの時に探るように見回してみたんですが・・・

あら、ホントw 私が育て始めたのはこの部分の時からね♪
なんてな

全部とは言わないけど、わかるやつはわかるものですねw
以前育てていらした方の部分はしっかり太いのに、私にチェンジしてからはやせ細ってたりー!
自分の栽培技術の拙さを痛感させていただきました(泣)


2010.08.09 *Mon

ハオの月光。

ハオルチア コンプト×スプリング Bスプリンプト「月光」
  

ようやくそれっぽくなってきたような気がする、コンプト×スプリング「月光」
入手時は葉数が4~5枚程度の小苗だったが、大型種のため苗の径はそれなりにあったけど。
某カクタスNさんの標本画像と比較すると、まだまだこんなものでは・・・
現在3号懸崖鉢に無理やり押し込んでます。

  

今からちょうど2年ほど前の様子。
無理矢理2.5号鉢に植え付けてたこともあって、立ち上がり気味でした。
・・・根っこが収まらなくて持ち上がってたかもw

  DSCN2714.jpg

気持ち大きめの鉢に植え替えてあげて、さぁ!これからよ!!って時に~凍結被害に遭ったよorz
外側1周分、凍ってしまったのでこんな風に白濁しちゃってますw
水も吸ってるし、茶色っぽく変色することもないので内部は問題なしだと思うけど、表面がこんなだとちょっと汚く見えてしまうわ~ツヤが全くないし(TT)

  DSCN2717.jpg

この辺はきれいな部分。
傷んだ葉が更新されてなくなってしまうまで、一体何年かかるかな


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最近風が強い日が多くって、ハラハラドキドキw
熱気が籠って暑くなりすぎるので、ハウスのビニールカバーを上の方までめくり上げて風通し良くさせてるんだけど、ずり落ちてこないように洗濯バサミで止めてるだけなので、ホールド力に問題があり、ここ数日の風速に対応できてないのよね~洗濯バサミがぶっ飛んでカバーが落ちて来てぺろんぺろん風になびいてんのw

今日もお昼休みに帰宅した時にバルコニーを覗いてみたら、1号ハウスの方が全落ちしちゃっててぺろんぺろんなびいてた~
直してもすぐにまたずり落ちるだろうと思ってそのまま午後からの勤務に戻ったけど、先ほど雷と共に激しい雨が降ったので、結果的にはよかったかも。
そうなると、きちんと上までたくしあげられた状態を保っていた2号ハウスが・・・濡れまくった可能性大(^^;
午後からは直射が当らないので、そう心配してはいませんけどね。

お天気を心配したり、風を心配したり。
おニク飼いにとっては、頭の痛い日が続きますねw
そんな中でも、朝晩がすこーしだけ涼しく感じられるようになってきた気がする。
日が昇ってしまえば、いつものような猛暑になるんだけど。
ちょっとだけ秋に近付いてきてるのかもしれませんね♪・・・と思いたいw


2010.08.06 *Fri

ハリー。

H. harryi
  DSCN2659.jpg

‘08年だったっけかな・・・ちょっとしたいきさつがあって、IBナンバーでお馴染みの世界的ハオ学者、Ingo Breuer氏よりいただいたハリーです。
そんな有難い1品のわりに、現在の扱いは粗雑でw
秋の植え替え時には、きちんとメンテをしてあげねば!

夕暮れ時に撮影したので青っぽいですが、乾燥放置プレイでうっすらピンク色です。
そんな飼い主に抗議してるんでしょうか・・・土より上の部分から3,4本極太の根っこが!

  IMG_5661.jpg

IB氏がすんばらしいタイプ!とメールで絶賛してたので、到着を期待してたらこんなでしたw
大苗だけども、葉先が潰れてしまった上にストレスで全身赤紫。。。

しかし今思えば・・・現在の放置でボーボーになってしまった姿よりも、この時の方が数倍カッコよかったな
きれいにしてあげられるよう努力しよう・・・。
  
  DSCN2663.jpg

ゴルドニアナからの独立種だとか。
この種も産地によってタイプが色々あるみたい。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日家人と小倉のデパ地下でお買い物をしてたら、野菜売り場で松茸を見つけた。
5,6本入って1パック1,000円!って、安くないっ!?
もちろんこんな時期に国産のはずはなくー中国産だけどw

中国産松茸に基準値以上の残留農薬って、いつぞや大騒ぎになったよね・・・
が、以来中国産松茸に関してはチェックが非常に厳しくなったということなので、その辺は今は大丈夫かもしれない。
特にうちは松茸大好物♪というわけでもなんでもないんですが、せっかくだから買って帰りました(^^;

というわけで、今日のみゆき家晩ごはんは松茸づくしです


2010.08.05 *Thu

コンプトhyb.

ハオルチア コンプトhyb.(CP-1)
  DSCN2650.jpg

コンプト×ピクタの交配種です♪
葉の表面が全面窓で、みっしりと葉の詰まった非常に美しいロゼット。
・・・真上から見ればねw

  DSCN2651.jpg

横から見るとこんななのー!

下葉が枯れないまま次の葉が出てくるので、どんどん上に高くなっちゃって(^^;

  IMG_1027.jpg


うちにやって来た当時・・・3年ぐらい前だったかな?これっくらいだったんだけどw

  DSCN2653.jpg

ヌメっとした窓がこんもりと盛り上がってツルッツル~

コンプトニアナは原種よりも交配種の方が好きです。
葉っぱ全面にクッキリうにうにと入った条理が・・・好きじゃないのw
原種でも条理がうすーく入ってるものなら大丈夫だけど、どっちかっていうと条理少なめでこんもり盛りあがってる窓のある子が好きですっ(^^;


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日はお昼からお休みをいただきましたー!
お昼からおデイト・・・家人とだけどw

先月更新したパスポートをまだ取りに行ってないのと、先週末から色々あったので私に申し訳なかったと思ってるんでしょうかね~?家人が今日は食事に行こうと言ってくれまして・・・。
パスポートを取りに行ってからお買い物をして、お食事して帰ってきまーす(^^)


2010.08.04 *Wed

ブラックマジョール。

H. cv. X Black major 輸入苗
  DSCN2665.jpg

昨年の今時期、引っ越し前のよろしくない栽培環境の下で見事に徒長。
こんな風に上から見ると、一目瞭然ですね~外葉がやたら細くて長いもん(^^;
現在は1号ハウスのラック最上段で鍛えられているので、中心の葉っぱが太く短くいい塩梅で展開してますが・・・60%遮光ネット+20%寒冷紗を3重にかけてあり、さらに遮光効果のあるビニールハウスの屋根にも守られているので、一番上なのに全然焼けてなくて緑色w
冬~春の方が遮光率がうんと低かったので、焼けてて真っ黒だったんだけど(^^;

  IMG_5759.jpg


輸入直後はこんなでした♪
形はボコボコしてたけど、結構な大苗が届いたんでしたわ~この時は2.5号鉢にIN
現在は3号鉢からはみ出しているので、だいぶ生長したな・・・‘08年春の輸入です。

  DSCN2667.jpg

何でもそうだけど、小苗の時の方が透明度が高いw
この子も小さい時の方が、窓が透き通ってキラキラしてた。

  DSCN2666.jpg

いつの間にかお子さまがくっ付いてました!知らなかった~


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

まだ8月になったばかりだけど、そろそろ秋の植え替えの準備を始めようかな~と思います。
土がない、鉢がない、こんななので、材料を揃えるあたりからね(^^;
材料が充実してるだけで、なんとなく安心だし♪

春に2号ハウスが倒壊して大量のハオが抜き苗になってしまい、応急処置で適当に植え付けた形になってしまったので、2号ハウスのハオを再度ちゃんと植え直したい。
土を篩ってると追いつかなかったので、微塵そのまま植えちゃったしw
以前は微塵を篩わず使うのが当たり前だったんだけど、篩わないと微塵が水遣りの度に鉢底にたまっていくので、そこだけ土が硬くなり、根が張り切らないのよね・・・鉢の中できちんと回らず、上の方でうじゃうじゃってなってしまうってことが、試しに土を篩って使ってみた時に痛感したこと。
エケベリアとか根の細かいものは微塵ありでも問題ないんだけど、ハオやアロエのように太根の植物にはキビシイ・・・。
なので、植え替えたいなと。

ここ2,3年、秋がなくていきなり夏から冬になるような気候が続いているので、いつ始めるかが問題だ・・・
秋を待っていたらすぐに冬が来てタイムオーバーになりそうだし、気温が高いうちから始めるのも蒸れ溶けが心配だし、暑い中をそもそもバルコニーに出たくないよ~

まだ先のことだし、実際の植え替えはのんびり始めましょ♪←と毎年のんびりし過ぎて、結局大量の植替え残しが出る現実w


2010.08.03 *Tue

メイリンギー。

月初めとあって、昨日から仕事が忙しいのぉ~
コメントは全て読ませていただいてますが、お返事している時間が・・・今日の就業中はなさそう(オイ!)
遅くなってごめんなさいですw


H. meiringii IB08834 Bonnievale  輸入苗
  DSCN2655.jpg

日曜に水遣りした中から、涼しそうなのを物色してるとこれが目に付いたので。
シャープな葉っぱにチョリチョリと生えてる鋸歯がなんともカワユイ♪
さりげなく窓もあったりして、濃緑肌もとってもきれい

過去記事を検索してみると、この子ってば何度も登場してるみたいで・・・
好きなのよね~この子(^^;
ちゃんとデータを見てこなかったんだけど、たぶんこれで間違いないと思いますw
同時輸入したこの品種がいくつかあるので、違った時はシレーっと訂正しときますわ(苦笑)

  IMG_5895.jpg

‘08年6月の輸入直後の様子です。
輸入苗らしく、しわしわカリカリだったんだけども、真っ黒に染まったこの姿がシブかっこよくて好きだったわ

  DSCN2658.jpg

ぱつんぱつんに膨らんでて、刺さる勢い(笑)

いかにも殖えそうな顔してるんだけど、まだ独り身。
あんまりよく見てる時間がなかったので、根元にもしかしたら出てるかも・・・今度ちゃんと探そうw


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

家人の尿管結石ですが、とりあえず落ちたみたいです♪
私も経験者なので、あの痛みの恐ろしさは十分知ってますからね~可哀想だったですw

女性よりも男性の方が尿道が長いので、発症しやすいんですよね。
尿道が長い分落ちるのに時間がかかるみたいで、私はその日のうちに落ちたんですが、家人は3日かかりましたね~
食生活や生活習慣が原因と言われてますので、それって私のせいでもあるってことか?(^^;

家人は会議で外食することが多いので、どうしても脂っこい物や塩分の過剰摂取をしがちなんですw
しかも好き嫌いが多くて困りもの。。。
結石こさえたその上に、血液検査にも見事引っかかった
中性脂肪・コレステロール・肝脂肪・・・見事なメタボリック症候群
・・・石よりもかなり深刻な問題ですw
尿管結石再発の恐れもあるし、これを機に、好き嫌いをぜひとも克服していただこう!


2010.08.02 *Mon

オブツーサwithボヤキ

土日2連休だったのに、全く休んだ気がしない
それというのも、金曜の夕食後のこと。
私がヤモリーズにごはんをあげていると、家人がヤモリ部屋にやって来た。
やって来ては好き勝手なことばっかり散々ほざいて、気が済んだらいなくなるというのが常なので、また今日もその口だろうと思って知らん顔して可愛いヤモリちゃんたちにごはんをあげ続けていたら、なんか様子が変。
「・・・左側の腰が痛い・・・なんか調子が悪い・・・」そう言うと、家人グッタリ。
リビングに戻ってどんな具合なのか症状を聞いてみると、ピン!と来るものが。
これはー!!4年前に私が救急車で病院に担ぎ込まれた、まさしく尿管結石に違いないわっ!!!

とはいえ、素人診断であることには違いなく、急激に痛みも激しくなっている様子で動くのは無理そう・・・。
うちは2Fだし、か弱い(何かぁ~!?)私ひとりでは、巨体支えらんないし~119番に電話させていただきました

病院に着くと、家人が治療を受けている間私は待合室で待たされること1時間半。
ようやく診察室に呼ばれて、当直の先生から説明を受けた。
結果、やっぱり尿管結石~そりゃ痛いわw(^^;
痛みが治まるなら家に帰宅してよしとのことでしたが、説明の後もさんざん待たされた挙句、午後11時も近くなる頃、結局ひと晩経過をみるために入院決定
やっと家に帰り着いたのはもう日付が変わる直前。
ながーい一日がようやく・・・終わった

土曜日の朝は、退院許可の下りた家人を迎えに行き、連れ帰ってからは重病人のような家人のわがままに振り回され、翌日曜日はひとまず症状も落ち着いたので会社に行くという家人を見送ってやれやれ~
さっさとお掃除を終わらせて、のんびり昼寝でも♪と思っていたらたった今さっき出勤したばかりの家人帰宅ー!
会社に行ったはいいけど、段々腰が痛みだしたとかで・・・帰って来たそうなorz
その後再び激痛が家人を襲い、電話した後再び病院へ。
・・・この日も待合室でぼーっとただ待つ人に

その後強めの痛み止めでようやく痛みが治まった家人を連れて帰り、連日のわがままに振り回されて休日終了~(TT)
お願い、私のお休みを返して・・・(泣)


ハオルチア オブツーサ(札落ち)
  DSCN2668.jpg

しょっぱなのボヤキとは何の脈連もないんですけど、オブツーサです(苦笑)
元は苗情報付きのオブさんだったはずなんだけど、植え替え時にポロっと取れたおちびをまとめて除けて置いたら、どれがどれだかわかんなくなっちゃった(^^;
一鉢にまとめてあるけど、同一種じゃないと思います~
形がきれいにまとまってたので、パチリと♪


ハオルチア オブツーサ「クリクリ」
  DSCN2671.jpg

半月ほど前に、およそ2カ月ぶりにお水をあげた。
ぷりぷりっといい塩梅だったので♪
朝陽がよく当たる、温室の床の上置きトレーにお住まい。
20%寒冷紗をふわっと1枚かけてあります。
焦げ過ぎず暗過ぎずでちょうどいいのかな・・・内部がブルーに光っててきれいだった♪

  IMG_6660.jpg

‘08年に入手した直後の様子。
小型種らしいので、もう仔を吹くかも・・・現在は2.5号にIN


ハオルチア オブツーサ(札落ち)
  DSCN2672.jpg

こちらも札落ち(^^;
小粒だけどもツヤぴか~
苗情報ついてたはずなんだけど・・・なんだっけかなw

こちらも小型のタイプで、ミニラン鉢入り。
もう既に下からモコモコお子さまが♪


昨夕、「重病人」家人が眠っている隙にお水遣りした~
日中は暑くてお水をあげるなんてぜーったい無理なので、夕方以降にちまちまと。
いっぺんに全部はあげられないので、1号ハウスから順番にね。
前回の水遣りは半月前なので、もう既に鉢はカラカラ~
土がシューシューと音を立ててお水を飲んでた♪
・・・蒸れなきゃいいけどもね(^^;


2010.07.30 *Fri

テネラーその2ー

H. tenera IB07031 NE of Huntsdrift, on turnoff to Comittees Drift  輸入苗  
  DSCN2613.jpg

昨日アップしたテネラと同時輸入した、別タイプのテネラ。
昨日のはサラッとした薄黄緑色の肌と、内向した葉に密集する鋸歯が、ふわっとした可愛らしい雰囲気を醸し出しているタイプでしたが、こちらは触ると突き刺さりそうなほどシャープな葉を持った、まるでウニ

  IMG_6995.jpg

輸入直後はこーんなでしたが~
毛糸玉のようで好きだったわー!この姿

  DSCN2615.jpg

それが、今はウニw
お子さまが殖えましたが♪

昨日のは葉先だけほんのり赤く染まってましたが、こちらはストレスで全身黒紫です。
水遣り後なので中心部分は緑が戻ってきてますが。
置き場所はずっとふたつとも同じにしてるんだけど、タイプ違いだと差が出ますね~

  DSCN2617.jpg

痛そうに見えるけど、触っても全然痛くないよー♪
ふわふわっとして、気持ちイイ感じ


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さっき突然雨がザーッと降りだしたんで、ちょっと抜けさせてもらって家に帰って来たw
各部屋の窓全開にしてたもので
北西の風だったので、そっち側の桟がずぶ濡れだった。。。
こういうとき、家が近いっていいね♪
今までこんな急な事態で何度抜け帰ったことか(^^;

時間なかったし大雨降ってたんで確認できなかったけど、ハウス内のハオが濡れたんじゃないかと。
暑いからビニールは上まで上げちゃってるし。
風が吹いてくれたらすぐに乾くんだけど、もう雨も風も止んでるみたい・・・
オマケに日が射し始めてるわ(^^;
1号ハウスは西日が当たるんだよね~蒸れたりしないかちょっと心配だったりしてw
遮光ネット張り巡らせてるから大丈夫だとは思うけどね。


2010.07.29 *Thu

テネラ。

H. tenera DMC08656 2km S of N2, along banks of Fish River  輸入苗
  DSCN2604.jpg

‘08年に輸入したテネラです。
この子が入ってるトレーも、冬場に凍結しちゃった組。
この子自体もカチカチに凍結したんですが、テネラは丈夫なようで・・・
解凍されても何ともなかったです~♪

そんな具合に凍結だの乾燥だの日当たりだの、色んなストレスを一身に受けて、葉先が赤く染まった。
たんにストレスをかけるとこんな風になるわけではなく、大抵は全身コゲ茶色とかドス紫とか赤茶色とかになってしまいがちで、うまい具合に葉先だけ染めるっていうのはなかなか難しい。
もちろん、今回のも狙ってやったのではなく、偶然の産物です(^^;
たまたまバランスがよかったんだなw

  

輸入直後はこんな感じでした。
植え付けると土に埋もれてるようになってしまうぐらい、コロンと小さかった。

  DSCN2609.jpg

水遣り後なので、中心がぷっくり膨らんできました。
薄黄緑の細長い葉っぱに鋸歯がひわふわとして、なんとなく爽やかな印象。

あまり型は大きくないタイプだと思う。
ミニラン鉢にお住まいです。
仔吹き旺盛なはずなんだけど・・・根元に出て来てたっけかな?


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

来週って、もう8月なんだねー!
なんか7月が過ぎるのって早かったなぁ~別に何にもしてないんだけど、お休みの時が結構忙しくてタイムスケジュールだったりした時あったからかな。
8月といえば、お盆休み♪のはずなんだけど、私はカレンダー通りにしかお休みがない会社に勤めているので、今年はほんっとに13,14,15の3日間しかないよぉ。。。
せめて5連休は欲しかったorz

その代わりと言ってはなんですが、後半に家人が旅行に連れて行ってくれるらしいので、その時と分散して夏期休暇をいただく!と思うようにして我慢しますw


2010.07.27 *Tue

トランシエンス。

H. transiens IB07185 Klein Plassie River, turnoff to George  輸入苗
  DSCN2600.jpg

昨日ご紹介した超透明シンビとよく似た感じのハオですが、こちらはトランシエンス。
と言っても、元々トランシエンスはシンビフォルミスの変種だったんですけどね(^^;
違いはどこかというと、こっちの方が少し葉っぱがシャープかな~?
こちらも湿度をかけてあげるとかなりの透明度を誇る方なので、ますますソックリ!
札落ち要注意ですねw

分頭してるように見えますけど、分頭ではなくてー
根元から吹いた子が生長し、親とほぼ変わらない大きさになったんです♪

  DSCN2603.jpg

ブルーグリーンの葉がなんとも涼しげでよい感じ

湿度不足でスモーキーではありますが、この子は我が家のトランシエンスの中では№2の透明感の持ち主。
凝り性収集癖ヤローなので、トランシエンスも一時期蒐集w
ひとまとめにして置いておけばわかりやすいんだけど、入手時期やスペースの関係でバラバラ~どれがどこにあるのやらさっぱり
一度ちゃんと整理するとしようか。。。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日は土用の丑の日でしたよね~うなぎ食べましたかっ!?
うちは早々と先週の土曜日に行きつけのおいしい国産物使用のうなぎ屋さんに食べに行ってたんですけど、家人のお付き合いでおいしくもない中○産某コンビニのうな重弁当を買わざるを得なかった(2人家族なのに4つもだよw)ので、昨日はそれをお昼にひとつ食べ、夜にもひとつ食べ、それでも残ったのを今朝チンして食べ・・・もう当分うなぎはいいです

うなぎはもうしばらくは・・・ですが、冷房病と夏バテ対策はしっかりやらなきゃ!ってことで、今日はゴーヤを使ったお料理の予定。
苦みをしっかり抜いておかないと家人は食べてくれないので、下準備をがんばるわw
先月末にらっきょう酢に漬けこんだ梅の方も、昨日試食してみたらばもう食べられるようなので、一日1個食べるようにして・・・まだまだ続く暑さを乗り切ろうと思いまーす

みなさんも熱中症などにならないよう、十分お気を付けくださいねー!!


2010.07.26 *Mon

超透明シンビ。

H. cymbiformis Baakens Valley  輸入苗
  DSCN2596.jpg

いわゆる超透明シンビフォルミスです。
採集№付で輸入したものなんですが、そのデータがあてにならないものだったので、産地だけ参考にしてくださいw

この子が入っているトレーは、冬に大々的に凍結したトレーのひとつに含まれていたんですが、幸いなことにこの子はほぼ無傷でした。
表皮が薄く内容物も水分ばっかり(それはどのハオもだけどねw)なのに、案外お強いようでw

とはいえ、冬の間は凍結が怖いので水を切り、春になって植え替えてあげて生長再開になったのも束の間、梅雨入りで再び断水。
先日約2カ月ぶりにお水をあげた際、枯れた外葉を毟り取ってお掃除~
葉っぱが水分をたっぷりと含んだら、久々に超透明シンビの顔になった♪

  IMG_1072.jpg

画像は昨年秋のものですが・・・

ちょっと湿度をかけてあげると、こんな感じのスケスケになります~
今回は夏場の日中ってこともあり、自重しますたw

  DSCN2597.jpg

昨年群生をバラして仔を外した。
その際親株にくっ付いてた小さい仔はそのまま残したんですが、それが立派に成長して現在3頭。
群生にしておくとムギュッと詰まって可愛いらしいけど、ひと株が大きくなり辛い。
秋になったらまた外してしまおうかな・・・


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レオパの節目撮影全然やってあげてないー!(^^;
21日でココアとまろんがハッチから4カ月、23日でハニーとみるくがハッチから3カ月、25日はサハラが2カ月で、今日はナイルが2カ月ちょうどなの~
いつも撮影はごはんの合間にしてたんだけど、ベビーの数が増えちゃったので、時間的に厳しくなってしまいましたねw
画像を撮ってる暇があったら、どんどんごはんをやれ!な状態です

で、ラストハッチのベビーちゃんですが、本格給餌開始の初日に、あっさりコオロギを2匹食べてくれました♪
小さいサイズのコオロギが育ってしまってSサイズぐらいになっちゃってるんですけど、難なくペロッと。
二日目からは後脚と触角は捥いであげてますが、自力で捕食してますー♪
臆病なベビーちゃんとかだと、ピンセットで押さえておいてあげないとなかなか飛びかかれなかったりするんですが、この子は肝が据わってるようで(^^;

これまでの経験から言うと、自力でバンバン捕食出来る子は成長が早いですね~
なかなか飛びかかれずにいる子はわりと神経質な子が多くて、成長もゆっくり目ってことが多い気がします。
自力でバンバン捕食してたのは、ココア・まろん・ハニー・ばなな・ライム・ナイル。
なかなか飛びかかれない子は、みるく・サハラ・アメリ。
グループ分けして名前を見ると、ナットクw
ココアはバンバン捕食してたんだけど、途中コオロギ嫌いになってしまって成長が滞ってましたが、現在はぼちぼち復活中です~
サハラもなかなか飛びかかれないんだけど、最近はスイッチが入ったような爆食中で、体重も大幅に増えてますしね。
全てが当てはまるっていうわけではないですが、そういう傾向になりやすいっていう目安の一つではあると思います。

んで、神経質っぽい子にコオロギをあげるときは、触角は取ってあげた方がいいですね。
コオロギを見せてすぐに飛びついて食っちまう子はいいんですが、なかなか飛びかかれずにタイミングを見計らってるような子だと、コオロギの触角が顔に当たる感触を不快に感じて、食欲が失せてしまうっていうイヤなパターンになりやすい気がします。
最悪それがコオロギ嫌いの原因になったりw
どうもココアとみるくがコオロギ嫌いになったのはその辺が理由だった気が・・・。
手間暇は掛かりますが、レオパの健全な食生活のため、最近は徹底して触角&後脚もぎもぎをがんばってまーす♪


2010.07.23 *Fri

涼・・・再び。

ハオルチア ミルキーウェイ 白~クリームの琥珀斑
  

滑らかな乳白色の肌が象牙のようで、ひんやり涼しげな印象。
レツーサ系交配種だそうです。
カクタスNさんの今年の新春福袋の中身のひとつとしてやってきたんですが・・・

  

到着時はこんな感じだったんで、現在の様子と比較すると、かなり生長したってことがわかりますねー!
レツーサ系って、結構生長早いからね♪

  DSCN2594.jpg

白肌にスーっと緑筋。
爽やかだね~

  DSCN2595.jpg

案外窓も大きかったり♪

この子も連休中にお水をあげたのでぷっくり。
その前はショボーンとしてたんですがw
到着した時は2.5号鉢が余裕だったんだけど、現在はハミ出してます~秋には鉢上げしなきゃかな。

きれいな白肌を損なわないようにと強めの遮光をしてるんですが、一歩間違えると徒長寸前です。
ちょっと環境のバランスがビミョw
引き続きお水は必要最小限で


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今月20日にハッチしたラストベビーが、今朝でハッチから丸3日経過。
昨日は初う○こと初脱皮を完了したので、今晩からぼちぼち給餌を開始してゆきます。
ハッチした時にチェックしたら、まだかなりの卵黄の栄養をお腹に蓄えているようだったので、もう1~2日は食べないかもしれないけどね・・・アメリもそうだったので。
好き嫌いせず食べてくれる子だといいけど。

今期5匹のスーパーマックのベビーが誕生したわけですが、改めて思ったことは・・・やっぱりスーパーマックは視力が悪いw
先日ミゾレのお嫁さんのバニラ(我が家ハッチの子ではないけどスーパーマックの子)とみるくに蛍光灯下でコオロギをあげていたら、目で追いもせず素通り。
今日は食べたくないのね~とその時は片付けてしまって、他の子たちのお世話も一通り終わったので豆球だけ点けてヤモリ部屋を離れたの。
んで、その後就寝前の見回りでなんとなく後ろ髪をひかれる思いだったでバニラとみるくのケージを温室から出して、今度は豆球だけの薄暗い中で給餌を試みるとー!食べたw
2匹とも1匹また1匹と、結構な数を平らげた
たぶん、その前にあげようとした時は明る過ぎてよく見えてなかった…?(^^;

思えば、ノーマルの子とマックスノーの子はコオロギを見せるや否やすぐに飛びつくのに、スーパーマックの子はいつもなかなか飛びかからなくてもどかしい感じがしてた。
視力が悪いせいでエサだと認識するのに時間がかかるのと、コオロギの動きに着いていけてなかったのかもしれない・・・。

視力悪い?疑惑が決定的に確信に変わったのは、一昨日。
生後3カ月頃になるとヤモリ部屋内で散歩させてあげることが日課なんだけど、その日は第2子のまろんを床の上で散歩させててね~温室のコード類をさしこんでるコンセントの前まで歩いて来たまろんが、いきなり尻尾フリフリの威嚇のポーズをし始めたかと思ったら、そのコンセントに向かってガバっ!と飛びかかったんですわw
ささってるコードの1本に、コンセントの抜き差しの注意書きラベルがぶら下がってて、どうもそれに反応をしちゃったみたい
まろんよ、オマエもかぁ~な具合です

でも決して見えてないわけじゃないので、生活には何の支障もないんですけどね~ちょっと飼い主が気を付けてあげれば済むことなので。
人間でいうと乱視のような感じなのかもですね(^^;


2010.07.22 *Thu

涼・・・?

暑過ぎて息が苦しいぃ~~~~!!
10年数年前は30℃を超える日なんて月にほんの数回だったはずなのに、近年は30℃超えは当たり前だもんねw
しかも!猛暑日なんて言葉、昔はなかったしねっ!!!

ハウスに入れるのは早朝もしくは夕方以降のみで、日中には…無理っ!
ってもハウスの中はビニールを屋根だけ残して回りは全部はぐっちゃってるので風が通るし、遮光ネット張り巡らせてるしで案外涼しいんだけど、バルコニーに出ることがそもそも無理ですわ~一瞬でコゲますw
梅雨時期は雨続きでおニクが遠かったけど、今は暑さで引き続き遠い感じ
この状態が10月まで続くんだね、今年も

夏なんか大っ嫌いだーーーっ


撮り溜めた画像が皆無なので、暑さを耐え忍んでお昼に探しました~涼しげなやつを(^^;


ハオルチア ♀テネラ×毛蟹 × ♂ボルシー
  DSCN2591.jpg

青味がかったグリーンの葉が、何とも涼しげじゃありませんか♪
シリンジして雫でも垂らせば、もっと涼を呼んだかもしれませんねー(^^;
せめて葉っぱの間に挟まった石粒は取るとかさ(苦笑)

ウッドデッキ横のラック在住(最近ここにいる子ばっかりw)。
梅雨時期は半分雨曝し状態だったんで、ぷっくりぷりぷり♪
風通しが良過ぎるので、灌水は夏でも頻繁に行ってます。


暑い暑いとは言いながら、ハウス内のハオたちの水を切ってから約2カ月だったので、この暑さでさらにカリカリ度が増すことは必須。
強烈な日照と気温上昇は蒸れの大敵なんで、細心の注意をしながらこの前の連休にお水をあげました。
まだ2号ハウスの3分の1ほど遣り終えてないのがあるんですけど、それはまた今度の週末にでも・・・。

水遣りしながら枯れた下葉を取ったり、爪楊枝か!?と見紛う花芽の残骸を引き抜いたり、久しぶりに一鉢一鉢の確認ができたかな。
下葉取りは苗の見栄えがよくなる上に根の張り具合も確認できるし、一石二鳥ですよね♪
どういうことかというと、下葉を取る時に苗が引っ張られるじゃないですか?その時にしっかり根を張っていればびくともしないけど、根張りが悪いとグラついたり抜けちゃったりしますからねw
えっ!?そんな力入れて毟らないですって!?アラそうですか~w
ちなみにわたくし、ピンセットでだなんてお上品に取ったりしません~手ですよ♪手♪

水遣り時のチェックの結果、根がなくなった子はいたけど、全体としては徒長することもなく状態は良好で梅雨を乗り切ってくれたと思います。
梅雨の期間中には蒸れて溶けかけた子を発見したんだけど、幸い発見が早かったので大事には至らなかったし。
ただ、ハオの方は今のところ☆になった子はゼロなんだけど、暑さと蒸れに弱いタイプのその他多肉とか、特に冬型のクラッスラなんかはいくつか☆におなりになりました(泣)
この高温多湿では、ある意味仕方ないと割り切ることにしてますが。。。

まだまだ先が長い夏。
台風なんかも来るかもしれないし・・・怖い怖い~


2010.07.21 *Wed

潜る。

夏は暑くて当たり前かもしれない。
でも、今年の夏は特に暑いような気がするのは、単に気のせいではないはずっ!!
この気候で、梅雨明けしてから一気に夏バテw
食欲もあまりないし、体がダルいです

人間にも過酷な環境になっておりますが、ハオたちにとっても今年の夏はキビシイらしく、植付け時は普通に土の上から顔を出してたはずなんだけど、夏になってから見る度に地中に潜って行ってるよ~


ハオルチア 大型黒オブツーサ
  DSCN2581.jpg

春先はプチ徒長が入ってたこともあって土の上からしっかり出てたんだけど、生長点に引っ張られるようにして段々潜って行ってます(^^;
伸びかけた葉は幼葉だったので、枯れ落ちて既に更新されてます。


ハオルチア 紫オブツーサ特良タイプ
  DSCN2582.jpg

画像ではわかりにくいかもですが、ほとんど土の中に埋もれてます。


ハオルチア 大型黒オブツーサ
  DSCN2586.jpg

こちらも土の中へ~


ハオルチア 実生選抜黒オブ♀×新ミラーボール♂
  DSCN2587.jpg

晴草さんからいただいた、晴草さんのオリジナルです♪
・・・ほぼ埋もれてしまっていますw

  DSCN2588.jpg

タイプ違いでこちらもね♪

  IMG_1739.jpg

いただいた直後はこんな感じで、地中からしっかり葉っぱが出てたんだけど・・・


今日の子は全部ウッドデッキ横のラック組なんだけど、風通しがやたらいい。
午前中はしっかり日も射しますが、この季節は朝陽といえどもキビしいからなぁ。。。
寒冷紗で遮光はしてるので、今のところは気になるほどの葉焼けもないですが。

風通しがいい上にお日さまもしっかり当たって、身を守ろうとなさってるようで(^^;
他にも潜ろうとしてる子がちらほらw
植物にもちゃーんと、厳しい自然を生き抜く知恵があるんだね♪


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

いやいや、今日は忙しかった。。。
英文びっしりの数ページに渡る契約書をUSBにコピーしておいて~(編集できるようにしたいんだとw)と言われたんだけども、その契約書、取引先から回ってきたやつで、原本ってその契約書だけだったんだよね・・・
PCに入ってるものならば、コピぺで楽ちんなんだけど、原本・・・紙ですからー!
仕方がないので地道にキーボードを叩きながら入力して、間違いがないかチェックしてやっとUSBにコピー完了。
英文はほとんど扱わないから、大量だとどっと疲れが来ます

そのあと家人が仕事で使う資料作製も頼まれていたので、こちらもカタカタと打ち込んで終了。
自分が使う資料は、自分で作ってほしいけどね

こういうのが続くと、だんだんPCを見るのがイヤになってくるんですよね・・・


2010.07.17 *Sat

一斉水遣り。

北部九州地方、本日梅雨明けいたしました。
久しぶりに朝から青空が広がって、朝のうちは「気持ちいいわー♪」だったんですが、やっぱり南国九州ですわ
日が高くなるにつれ、暑いのなんのってw
風が吹いてるだけまだマシだったんだけど、午後から雷が鳴り始め、雨まで降り出してしまったので、窓を開け放ってるわけにもいかずエアコンのスイッチオン。
ヤモリ部屋の窓も閉めざるを得なかったので、エアコンのスイッチオン。

レオパ達の居住区はヒーターを入れてるのに、部屋自体は冷房・・・。
矛盾してるんですけど、仕方ないんですよ~高温が苦手のクレステッドゲッコー「アニス」がいるし、エサ虫たちもあんまり暑いと弱ってしまうのでw
今月も電気代怖い~!

  

今日からしばらく晴れ続きなので、一斉水遣りしました。
1号ハウスは昨日遣り終えたので、今日は2号ハウスのおニクたち♪
雨が降り出してしまったので、半分ぐらいしかあげられませんでしたが。

2号ハウスのラック最上段にはハオ以外多肉を置いてるんですが、ハオよりも葉っぱが薄いので、2カ月も水を切ってると皮だけのペラペラ~
遮光ネットを張り巡らせているとはいえ、明るさ温度共に一番厳しい場所なので仕方ないんだけど。

水遣りしながら枯れた下葉をベリベリと毟り取ってお掃除。
大量のごみが出たー!
今のところ調子の悪そうな子は1号ハウスのピリフェラ1鉢のみかな。。。
根っこがほとんど枯れてましたorz
あとは~やっぱり湿度が高かったとはいえ、ビニールのハウスの中なので温度もそれなりに高かったし、最後にお水をあげたのは確か5月の半ば頃だったしで、ほとんどの子がシナシナの艶っ気まるでなしだったってことかな(^^;

張り切って水遣りしたのはいいけど、あす以降も連日真夏日らしいので、蒸れて溶ける子が出るんじゃないかと半分恐怖ですw




2010.07.16 *Fri

空中湿度の明と暗。

ハオルチア 亜房宮
  DSCN2559.jpg

2カ月ほど水をあげていないんですが、ハウスの中でやたらピカピカしてたので、手にとってまじまじと眺めてみた。
葉っぱを触ってみると、しっかり硬い。
窓の凸部分もぷっくりを保ってるし、空中湿度をしっかり取り込んでたんだなぁ・・・。

この子は「亜房宮」で入手したんだけどね、字が違うだけで「阿房宮」とは同じ物だよね・・・?(^^;

  IMG_8037.jpg

‘08年秋のおニク狩りツアーで連れ帰った時はこれっくらいのちび苗だった。
径3センチほどだったかしら・・・。

  DSCN2560.jpg

引っ越し前のベランダで、しっかり徒長。
今の場所に移ってから締め直し~だいぶマシになってきたわ
伸ばしてしまったせいか、径はやたら出てるw
秋ぐらいになれば、そこそこ雰囲気出てると思いますが。


H. cymbiformis v. reddii
  DSCN2563.jpg

前述の「亜房宮」とは対照的に、どんだけ濃厚な空中湿度の中に放置されていようともカリカリしわしわを貫いた方。
葉っぱはストレスで紫色。
艶は全くなくしわしわのフニャフニャ。
日照不足なんで葉っぱは開いてますが、徒長してないだけ全然マシ♪

  


いただき物の子なんですが、当時はこんなにぷっくりとして可愛らしかった。
INミニラン鉢です。

  DSCN2564.jpg

もううちの子になって3年目ですが・・・今ではこんなに子沢山ですw
この他にお子さまだけをぎゅーぎゅーに集めた鉢がもうひとつ・・・。

この子が入ってるトレーの子たちのカリカリ具合があまりにも哀れだったので、梅雨明け目前ってこともあり、2,3日前から雨曝しにしておいたら、案の定パッツンパッツン
お仲間は誰だったかな?え・・・っと~トヨシマhyb.とかクブシエとかオブトルとかレイトニーとか、10株程度だったかな。
やっぱりぷっくりしてる方がハオは可愛い

日曜日あたりに梅雨明けだそうで、明日以降の天気予報を見ると連日ってばっかりw
ハウス内のハオたちにも、少しでも涼しいうちにお水をあげたい!ってことでお昼休みに水遣りしたんだけど、時間の関係で5,6トレー分しかあげられなかったorz

うちのバルコニーは朝から午後まで日当たり抜群なので、晴れた日にお水なんて遣ろうものなら一発で蒸れて溶ける恐れ大。
なので、帰宅したらちまちま夜の間に頑張ろうっと!
風通しは良いので、明日の午前中には表面は乾く・・・はず!


2010.07.09 *Fri

ずいぶんすっ飛ばしましたねー(^^;

ご無沙汰しておりますw
更新停滞しているにもかかわらずご訪問くださってた方々、どうもありがとうございました(^^;
気が付けば画面左側のグリムスも、あまりの放置ぶりに萎れてました(苦笑)

毎年のことなんですが、ジメジメ鬱陶しいお天気に比例して、気分もドヨンドヨン
イヤなことも多々あったりなんかして、静かに読書なんぞしてましたー(^^;
が、もうちょっとがんばりますねw


H. arabesqua Gamtoos River Bridge  
  DSCN2490.jpg

ウッドデッキ横のラックより。
屋根付きパーゴラの下にあるんですが、風向きによっては雨が降り込むので、そんな時は雨をモロ浴びてますw
でも風通しが非常によろしいので、雨が止むとわりと短時間で乾いてしまいますが。
たしか梅雨入りする前は乾燥しすぎてカリカリ状態だったはずなんだけど、こんな良いんだか悪いんだかな管理にもかかわらず、ぷりぷりと調子が上がってるのにビックリ!
ってことは、バランス取れてるってことだな♪

  DSCN2491.jpg

一昨年冬だったと思うけど・・・親株をサクッとやっちゃって出てきた仔株です。
現在は2.5号鉢にIN
ほとんどまともにお水をあげた記憶がないので、健全に生長し始めたのは、今年の梅雨入り後からじゃないだろうか(^^;

  DSCN2496.jpg

親株・・・のはずw
うちにあるアラベスクアは2産地あって、確か親はこっちの方だと…ハイ
カットした後植え付けたら分頭しちゃったよー!って思った記憶があるのでw

親の方は2号ハウスの中でカリカリ進行中~
この足元にはお子さまがモリモリですわw


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

おニクの方は現在ほぼ放置。
どうかしたら丸1日姿を見ないなんて事もアリw
それでもよほどのことがない限り死なないから~いいの

レオパたちの方はおニク同様放置というわけにはいかず、日々お世話に追われております。
特に3カ月未満のベビーちゃんたちには毎日ごはんをあげてるので、まだまだですね~
9匹いるベビーのうち、3カ月以上になったのはココアとまろんだけだしw

レオパは砂漠地帯原産で暑いのが得意なはずのヤモリなんだけど、定着したCB個体の子々孫々なせいか、この暑さで食欲がかなり落ちてきてます。
メインヒーターは切って、リボンヒーターのみで温室内は28℃ぐらいなんだけど、それでも暑いのかホットスポットじゃない場所でベローンってだらけた姿で寝てるしね
水飲み皿に浸かったまま寝てたりも。。。

大きくなった子は少々のムラ食いでも心配しないんだけど、小さい子が食べないとドヨンドヨンの気分がさらにドヨンドヨンするのよね
今のところあの手この手で騙し騙しなんとかやってますが、いつまで続けられか~わかんねw
餌コオロギのそのまた餌である飼料を変えてみようかなと思い、とあるお方に情報を教えていただいたので、試してみようと思ってます。

ハチュ関係のブログは時々お邪魔させていただくんですが、どの飼い主さんも餌はもちろん飼育法には試行錯誤されてますね。
悲しいかな参考にできるような文献が非常に少ない部類の生き物なので、こういう生の情報はとても助かりますし励みになります。
Jさま、ありがとうございましたー!


2010.06.30 *Wed

ボール。

日本惜しかったねーーーっ!!
サッカーはあまり好きなスポーツではないので、まともに見ることはほとんどないんですけど、昨日の試合は最初から最後までドキドキしながら見てました。
寝たのは夜中の2時過ぎなんで、今日は完璧に寝不足だよw

残念だったけど、本当によく頑張りましたよねー!
出来れば対スペイン戦見たかったですが、また4年後に勝ち上がってもらいたいです。

日本は敗退してしまいましたが、個人的にはアルゼンチン応援してたり(^^;
メッシ好きです~ プレイがきれい


H.arachnoidea v.setata GM494 South West of Ladismith,Western Cape province
  DSCN2416.jpg

サッカーボールを半分に切ったような半円球のハオ。
もうちょっと遠目から見た方が、より一層ボール度がですがw

  DSCN2418.jpg

3号鉢いっぱいのサイズ。

  DSCN2420.jpg

ノギがふわふわと軟らかそうに見えるけど、実際触ってみると軟らかくはない。
かといってサボテンの刺のようにチクチクしてるかというと、そこまで硬くもなく。。。その中間ぐらいだと思ってください(^^;


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

いつも梅雨入り後は半月ぐらい空梅雨?と思うほど雨が降らないことが多いんですが、今年は梅雨入りから本当によく降ります。
日照も完璧に不足していて、エケベリアやセダムなどの生長の早い属種の子たちは、早速始まりましたよ~!ト・・・トチョー!!
お水を切っていても、空中湿度が常に80%以上ある状態なので、それだけでもう。。。

毎年こうやって梅雨の間に伸びてビローンになった株を、秋に切り戻して仕立て直す。
・・・エンドレスだね(ーー;
そして、増殖・・・

以前熱帯魚水槽を立ち上げてたんですが、2年半ほど前の引っ越しでやむを得ず畳みました。
そこは家が出来る間の数年で引っ越す予定だったので、引っ越した先では水槽は登場することもなく、クローゼットでずっと冬眠したまま。

水槽の移動って、大変なんですよね・・・水を作るのに数週間かかるのでw
なので、ちゃんと落ち着いて飼育できる環境になるまでは飼うまい!ってことで立ち上げずにいたんですが、夜ごとレオパのお世話に忙しい私を恨めしそうに眺めつつ、何を思ったのか家人が突然、「熱帯魚飼う!」と言い始め。。。立ち上げちゃったの~再びw
もうかれこれ1カ月以上になるので、お水はバッチリ!
あとは生体を入れるだけ~なんですが、こっちの方は今度の土曜日に到着する予定です。

植物も増殖・・・レオパも増殖・・・そしてさらに、お魚も増殖・・・
一体だれがお世話するんだかね(^^;


2010.06.21 *Mon

ヴェネチア。

H. venetia just E of Hankey  輸入苗
  

グラシリスから独立種扱いになった、"venetia"~‘07年の輸入苗です。
もう既に何度かブログに登場してるんですけど、好きなもので・・・

現在うちにあるのは5,6タイプだったと思いますが、Hankey周辺の微妙な産地違いのものばかりですw
北だったり、東だったり、真東だったり~そんな感じで(^^;

では見た目はどうなんだ!?って話ですが、縦にスラッと伸びるタイプであったり、横に広がるタイプであったり、葉色が青緑だったり黄緑だったり~って、やっぱり並べて見比べるとちゃんと違いが~ハイw

  IMG_1977_20100111113840.jpg

これは昨年秋だったかな?最初の画像の子とは同一ハオルチアですからー!!
縦にスラッと伸びるタイプです♪

  DSCN2383.jpg

真上から。
春にハウスが倒壊した時に押し潰されたんだと思います・・・葉先が枯れ込んでるのはw
でも、この姿が結構好きだったりします

  DSCN2384.jpg

中心に見える棒状のものは、切り落とした花芽の名残。
・・・シリンジぐらいすればよかったw


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

雨続きなので、ミニ畑に植え付けた野菜の苗たちが、わずかな間にかなり大きくなってた!
一番最後に買ったトマトの苗は、ついこの前まで高さが30㌢ぐらいしかなかったのに、土曜日に見てみると倍ぐらい伸びてて、いつの間にか花も咲いてたー!!
まだ本葉も出ていないようなオクラの苗は、いつのまにか本葉が数枚出てて、こちらも苗丈が倍ほどに育ってた♪

野菜や花苗が育つのは嬉しいんだけど、雑草も同様に盛大に育ってて(ーー;
蚊に刺されながら草取りや支柱の追加などのメンテナンスをしたり、大葉やワイルドストロベリーの収穫をしたり、ハオの植え替えが終わったので、地植え植物とゆっくり戯れることができました♪

フルーツパプリカの苗も植えてあるんですけどね~虫による食害に遭って、ぜんっぜんダメ
たぶんナメクジだな~
なんとかして撃退しないと!


2010.06.18 *Fri

月うさぎ。

ようやく梅雨らしい天気w
ジメジメと暑苦しくて鬱陶しいこの時期は、心身共にヤル気が失せるのよね~何事にも

そんなわけで、気が向いた時だけ更新して参ります。。。


ハオルチア 月うさぎ
  DSCN2363.jpg

別名シルバーボールでしたっけね~雪女ってのもこれだっけ?

  DSCN2365.jpg

横から見ると、外葉が伸びてるのがバレバレ
もともと伸びやすいみたいですけどね~置き場所が悪かったので、ビローンになっちゃって(^^;

  DSCN2369.jpg

現在はちゃんと良い場所に置いてあげられてるので、中の方から引き締まってきてます♪
きちんと育つと、ぷっくりまん丸ボール。
葉の表面を覆うトーゲトゲちくちくが真っ白で、大苗になったらド派手になることでしょう


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日やっと~第9子のアメリたんが初給餌をクリア
極小デュビアを2匹食べてくれましたー!
生後5日目・・・長かったw

ベビーの初給餌はいつもドキドキです。
食べてくれない=生命の危機 ってことになりますからね。。。
多少育って栄養を蓄えた状態ならば心配しないんですけど、ハッチリングだと話は別です

一昨日ようやくエサに興味を示すようになったので、そろそろお腹に蓄えている卵黄の養分が底をついてきたのかな?と思ってたんですが、その日はアタックはするものの、捕食してやる!って気合いがイマイチ感じられなかったので、それほどお腹も空いてなかったのかもしれない。
昨日はそんな前日の目で追う様子もあって、今日は食べてくれるかもしれない♪って期待を込めてデュビアを投入したんですが、さすがにハッチから日数も経ってきたこともあってか、気合入ってましたー!2匹食べてくれた

初めてのハンティングは、とても上手な子もいるし、ヘタクソで根気のない子もいます
上手な子はどんどん自分でとっ捕まえて食べるので成長も早いですが、根気のない子は捕まえられないとすぐに諦めてしまうので、どうしても成長は遅めw
そういう子には、エサ虫への執着心が薄れて食欲が失せてしまう前に、ピンセットで食べさせてあげるようにしてます。

CB(飼育下繁殖個体)でなければ、きっと自分が他の捕食動物のエサになってしまう運命なんだろうな~と、呑気なベビーズを見てていつもそう思うわ。。。


2010.06.15 *Tue

花葵。

やっぱり梅雨入り~って感じで、明け方からものすごい雨量でした
今は止んでいるみたいだけど、どんより曇って爆発しそうw
明日は貴重な梅雨の合間の晴です~♪なんて、お天気おねーさんが言ってましたが、梅雨入りしてまだほんの4日目だっつーの!
洗濯物を外に出せるのは嬉しい・・・がしかし、大量に降った雨が太陽に照らされて~いきなりの高温・多湿ですか


ハオルチア 花葵
  DSCN2358.jpg

スプレンデンス系の交配種。
うちのはまだまだほんの小苗なので片鱗も感じないですけどね~大株になると葉の表面が真っ白になって、ものすごく美しい種です♪

スプレンデンスって生長が遅い部類に入ると思うんですが、一旦生長を始めると、大きくなるのは早いような気がします。
この子も入手してまだ数ヶ月なんだけど、入手時よりはだいぶ育った気がする~過去画像ないけどw

  DSCN2362.jpg

例のごとくこの子も一時徒長させかけてしまったんですが、程度の軽いものだったので、画像向かって右手の葉っぱに名残を感じる程度ですw
この手のものは、小さい時から締めて育てないとネ・・・(^^;

スプレンデンスって、実は好きな品種じゃなかった。
今でも好きなタイプはごく限られているので、数持ってないです~

ハオは交配種よりも原種派なつもりなんですけど、スプレンデンスに関しては交配種の方が好きですね。
烏城・新琴姫・ホワイトウルフにブラックフォーム♪
みんなど真ん中ストライクー!のスプレンデンス系の交配種


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日は第9子アメリの初給餌にトライ!だったんですけど、見事に撃沈しました
全然興味示さなかったよ~~~

ハッチから丸2日経過しましたが、アメリはハッチ後のチェックでお腹を見てみた時に、しこたま卵黄の栄養を蓄えてるのが見えたからね~きっとお腹が空いてないんだと思うわw
今までハッチした兄弟たちにも、初日は空振りだった子が何匹もいるし、まだ大丈夫。
昨年生まれのツララとショコラなんて、ハッチしてから1週間以上食べてくれなかったし、まだ猶予は十分♪

とはいえ、一発で食べてくれる子は、即精神的プレッシャーから解放されるのでやっぱり助かるのよね・・・
さぁ、今日も無理強いはせぬように、ちびデュビアを投入です


2010.06.14 *Mon

京紫。

ニュースを見てないのでわかんないけど、梅雨入りしたのかしら~?北部九州w
昨日は午前中ちょっと降ってましたけど、午後からは曇りになって、今日は時折日が射したりなんかしてます。
最初っからそうザブザブ降らないか~(^^;


ハオルチア 京紫
  DSCN2355.jpg

毛蟹系の交配種らしいです~って、今更ググって知りました
生長具合を比較しようと思って過去画像を探したんだけども、アップしたことなかったみたいでー!ありませんでした~(^^;

入手した時は径が1.5センチほどの豆でしたよ!豆ー!!
今でもちっこいんですけど、倍ぐらいにはなったと思う。。。現在2.5号鉢在住。

  DSCN2357.jpg

日作りすると深みのある紫に発色。
でもこの子はまだ小苗なので、午前中だけ明るいところに置いてます。
まだまだ顔が出きっていないけども、もう2周分ぐらい育ったら、貫禄が出るかもしれないw


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

温室を1台追加したので、ベビーズの住居スペースには余裕が出たんだけど、資材が足りなくなってしまった~
ウェットシェルター&ドライシェルターに水入れ、リボンヒーターも不足なので、結局また発注をかける羽目にw
来週はサハラ&ナイル組を大人ケージにそれぞれ引っ越しさせる予定なので、HCにプラケも買いに行かなきゃ。。。

シェルターは100均タッパーを自分で加工して使ってる方が大勢いらっしゃるんですけど、私は市販の素焼きウェットシェルター愛用です~
すぐにカビが生えるのでメンテが大変なんですけどね~かえってそっちの方がこまめに洗うので、いいかもしれません。

うちはスノー&ちょこを除き、あとの子はみんな単頭飼育なので、1匹1プラケの個室住まい。
内装もひいきにならないように、みんな同じ物を使ってます~あ!ミゾレだけ姫ちゃんのお下がり資材だから違うかw

土曜日にハッチしたアメリの方は、今朝起きてチェックしたらば、初う○こしてました♪
今晩から給餌開始ですね。
ちゃんと食べてくれるといいんだけど・・・ベビーが食べてくれない場合は、かーなーり焦ります


     クレステッドゲッコー♂ アニス  
       DSCN1803.jpg

最近めっきり出番がなくなってしまったアニスたんw しかもついでのような扱われ方
昨日13日で、わが家にやって来てからちょうど1年になりました。
USCBなので、正確なお誕生日わからず。
初めてのクレスなので、生後どのぐらいの大きさなのかも見当もつかず、3月か4月頃生まれたんだろうな~って想像してました。

わが家へやってきた時は、体長約9センチで体重は6グラムでしたが、現在は41~43グラム(その日の食欲によってこのあたりで変動)、体長は・・・測ってないよ~(^^;
体の部分だけ見るとレオパに負けてないんですが、クレスの尻尾は栄養を貯め込んでないので細くって~比重は軽いです。

懐いてる、とは言えないかもしれないけど、私のことはちゃんと認識してくれてます。

 私がケージの前に立つ→扉が開かれる→外に出られるかもしれない♪

アニたんの脳ミソにそうインプットされてるらしく、ケージの前に立つとジワジワと扉の近くにやって来ます。
「アニたん♪」って名前を呼ぶと、返事をするかのように頭をピクっとさせて反応するし~
・・・ただ声に驚いてるだけってか!?(^^;

クレスの交尾はレオパ以上に激しいらしいので、今のところお嫁さんをお迎えする予定はありません~ケガ怖いしw

アニたん、ついでのような扱いだけど・・・ずっと元気でいてよね♪


2010.06.11 *Fri

霜にこだわってみました。

今日は非常に良いお天気の福岡です~ 暑い暑いw
今年はいつまでも寒い日が続いてたのでつい先日まで暖房使ってたかと思ったら、今度は暑くて冷房稼働してますよー!

今週は植物画像の撮り溜めがゼロなんで撮って出ししてるんですけど、こうお天気が良いとハウスの中に入る気もしないので、ウッドデッキ横のラックよりどれにしようかな~って具合に。
真夏日のこんな日は、これだな♪


ハオルチア 初霜
  DSCN2336.jpg

頭の中で、肌を刺すような冷たい空気の朝に、真っ白に凍った地面の様子を思い浮かべてみる・・・。

・・・ほんの一瞬涼しいかも


この子は初霜№3。
ってことは、№1と№2がいるわけですが、タイプが微妙に違うような気がします。
出所は全部別所なんですが、№2と№3はほぼ同じようなタイプで、№1の子だけタイプ違いかなと。

確か交配種ではなくて、古くからあるマジョールの1系でしたよね。

ハオルチア 初霜
  IMG_6409.jpg

我が家の初霜№1ですが、実生なんじゃないかな?と思います。
葉っぱが正三角形に近い形なのと、窓や葉縁の鋸歯がかなり粗い印象。
葉色も青味がかった緑で、新氷砂糖に似た感じ。
ウィミーhyb.で通りそう・・・

  DSCN2337.jpg

水切れで窓が凹み気味w
もっと膨らませてあげると、この種の魅力がちゃんと出ると思います。
日照の関係で、やや日作り気味~ピンクに色付いているので、やっぱり霜には程遠いな・・・(^^;


なぜに初霜をそれぞれ別の場所から3つ?のわけは、好みの初霜を求めて~なんですよw
№1と№2は人伝に回ってきたもので、№3は自分でオクったもの。
№1を眺めてみて、なんか違う・・・wって気持ちになってたら№2がやって来たんですが、あまりの小ささにどんな顔になるのかも見当が付かず。
結局№3の親株画像がストライクだったんで、3度目の正直ってやつですかね(^^;
本当はもっとど真ん中の初霜がいるんですけど、いずれそのうち~と思ってます。

やっぱりちゃんと親株を見て、クローン苗を入手した方が確実ですね♪
(そのクローンちゃんが親株と全くおんなじに育つかどうかの予後は、自分の腕次第ですけどw)
この初霜たちを見る度、そう思ってしまいます


2010.06.10 *Thu

ブルーシャトー♪じゃ~ないよっ!

最近レオパ記事多めですけど、ハオの方もちゃんとやってますよw


ハオルチア シルバーシャトー
  DSCN2331.jpg

入手したのはいつだっけな~?まだ1年経ってないと思う。
引っ越し前の劣悪な環境下に曝されて、一時徒長w
まだ矯正できる範囲内だったので、引き締め直しましたけどね。。。戻ってよかった

入手した時の大きさを覚えていないんですが、確かこの半分ぐらいだった、そんな記憶があります。
現在2.5号鉢にIN

  DSCN2334.jpg

ウッドデッキ横のラック在住。
ここは午前中だけ日が当たる場所で、寒冷紗1枚で遮光してます。
2号サイズの小苗にはそれでもやや強いかな?って具合に葉焼けちゃったりしてるんですが、この子のような2.5号サイズのしっかりした子たちにはちょうどいい塩梅。
ただ、風向きによっては雨が降り込むのが難なのよね~(ーー;

もうすぐ梅雨入り。
雨曝しにしておくとどうなるのか!?実験を兼ねてそのままにしておくことにしますー♪


2010.06.08 *Tue

ハオのピンキー♪

ハオルチア 白斑プラニフォリア「ピンキー」
  

昨年のいつ頃だったか・・・HCで見つけてお持ち帰った子です♪
福岡のHCでハオルチア売ってるなんて、珍しいことだったものでつい・・・(^^;

「ピンキー」って、属種違いで同名の子がいますよねw
エケベリアの「ピンキー」とか、アガベの「ピンキー」
エケのピンキーはうちにもいるけど、アガベのピンキーは、一生手元にやってくることはないであろう。
・・・桁が違いすぎるw

  IMG_0735.jpg

↑は連れ帰った直後の様子。
バックの模様からして、引っ越す前だな~これ。

  DSCN2264.jpg

時は流れて仔を吹いた。
こちらは全斑・・・親から離したら即死だなw

  DSCN2266.jpg

こちらはちょび斑。
この後新葉にも斑が乗ってるかどうかは微妙w

  DSCN2267.jpg

ハイ、斑抜けごくフツーのプラニフォリアに格下げw

兄弟なのに、生えてる位置によって斑の入り方にこんなにも違いが~!

  DSCN2268.jpg

もともと斑が安定し辛いらしいね・・・。
親の方も、いずれはフツーのプラニフォリアに格下げの予感


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

週間天気予報を見てみたら、今週末から曇りと雨のオンパレードw
いよいよ北部九州も梅雨入りかなぁ。。。
花壇にお水をあげなくて済むのは嬉しいけど、おニク達の状態を考えると・・・憂鬱
で、雨降ってジトジト高湿度にもってきて、突然梅雨の合間の晴れ間でピカーっ!なんて一気に蒸しあげられたりしたら、一体いくつの子が犠牲になるんだろうかと思うと、既に脱力感
早く秋になんないかな。。。


全国のお天気♪


-天気予報コム- -FC2-



夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言



My gremz♪

只今9本目育成中♪



Thank you for the visit♪



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



フリーエリア



プロフィール

みゆき

Author:みゆき
ヤモリ関連記事は、↓に引越しました
http://miyukicc2.blog90.fc2.com/



もうすぐクリスマス♪



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



ブログ内検索



カテゴリ



FC2カウンター



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



Copyright © Brilliant Green All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・  まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。